--

まだまだ鼻はグスグスしているし、タンもちょっと出る。が、質はサラサラになったのでだいぶ良くなってきた。ウイルスはだいぶやっつけたってことだな。あとは副鼻腔の炎症が収まればクリアだ。

しかしやっぱり副鼻腔炎は長引くねえ。風邪がうつってから2週間以上だ。やはり今後は早めに病院にかかろう。

ここ数年は腸活を意識しているので抗生物質による影響がちょっと心配である。ピルクルラクルケアはこの2ヶ月間毎日続けている。

 

 

 

スロットをほぼ打たなくなって10年以上経つんだけど、今でもたまーに実践動画を見ることがある。感覚としてゲーム実況に近く、リラックスして見れるので結構好きだ。今って6.5号機なんだねえ。

 

自分が打つ側でハマっていたのは19~22歳あたりである。正味4年間ぐらい。

一緒にハマってくれた友達が近所に住んでおり、その友達が大学生だった4年間と符合するって感じだね。ハマる時期としては典型的だと思う。

そしてその友達が就職で引っ越してしまったのをきっかけになんとなく行かなくなった。年間200日ぐらいはホールに足を運んでいたし、一人で行くことも多かったんだけどスパっと行かなくなったな。

別に何かあって禁じているわけじゃないので、今でも数年に一度はその友達と会った時に打ちに行く時がある。今は一人で行くことが全く無いって感じだね。直近だと1年ぐらい前に行って、ハナビの外し(2コマ猶予)がまったく出来なくてめちゃくちゃ恥ずかしい思いをした。あの頃はひぐらしやウーロンを積極的に打ってたのに…

 

自分は年齢的に5号機に完全移行した直後からスロットを始めており、4号機は打ったことはあるけどホールで遊んだことは無い。ゲーセンやサミータウンだけだ。

2008~2011年頃の5号機(ボーナス+RTや色ナビART)は金は無いけど時間がある若者にとっては結構良い環境だったと思う。子役カウントで設定判別が早めに出来て、コイン持ちも良いのでリスク低く遊べるのだ。逆に仕事終わりから打ちたい社会人にとってはかなりキツかっただろうなと思う。リターンの低い天井狙いか、ジャグラーで運試しぐらいしか出来ること無いもんな。

 

自分がやらなくなった理由は先述の通り友達の引っ越しが1番だけど、2番目の理由はイベント規制かもしれない。

あの頃のなるべく勝ちたいカジュアルスロッターの動きとしては「前日の下見→閉店後の店メール→イベント判別→設定が入る台やシマの目星→朝の抽選→狙い台に座れるかどうか→ダメなら帰る」が基本だったと思う。規制後もホールによっては匂わせるメール文みたいな文化が生まれたけど、やっぱりあれを期にすごく動きづらくなった感覚があったな。つまるところ、勝ちづらくなったので辞めたのである。

まあ元々めちゃくちゃ勝ってたとかじゃないけどね。スロットで生計を立てるとかそういうアレじゃない。時間がとにかくあって、自制を効かせて立ち回れたらスロットで遊ぶ金はスロットでまわせて、平均すれば月に数万ぐらいはプラス、程度であった。時給換算したら普通にバイトしたほうが割りが良いよね、ぐらい。

ということでもちろんちゃんと適応して勝ってた人も多くいたと思うけど、自分はイベント規制によって狙い台が絞れなくなり、その頃からAT機が流行したことで子役カウントが有効じゃなくなる(=早めの設定判別が出来ない) という環境の変化に敗北した。

今はスマスロの登場によって出玉性能がまた高まるかも、という期待感があるらしい。自分はあまり関心が無いので今後も一人でホールに行くことは無いだろうけど、規制による出玉制限とそれに対応するメーカーの戦いは結構面白いんだよな。これからどういう展開をするのか、ゆるく見守っていきたいと思う。

 

 

 

ポケモンバイオレットを買った。バイオレットにした理由はソウブレイズがかっこよかったからだ。

ところで自分はポケモンシリーズをあまり熱心に遊んできていない。初代はリアルタイムでめちゃめちゃ遊んだけど、初代の次に遊んだのはブラック・ホワイトであった。その次はウルトラサン・ムーン。初代からBWまでは14年、BWからUSUMまでは7年空いている。

あまりポケモンをやってこなかった理由はただ1つ、携帯機だったからだ。自分は昔からゲームはテレビ(モニタ)でやりたい欲求が強く、今でもスマホタブレットでゲームをしない。携帯機やモバイルゲームがつまらないとかじゃなく、習慣として無いって感じなんだよな。

で、ポケモン剣盾は据え置き機なので何の引っ掛かりも無く購入して遊んだ。SVも引き続きSwitchなので問題ないね。

 

現在は全ての拠点をクリアした状態で、そろそろ終盤である。これまでとても楽しく遊んでいる。オープンワールドポケモンいいですね!

従来は8つぐらいのジムを攻略する過程で伝説のポケモンにまつわるストーリーが展開する、というのが基本だったけど、今回は攻略すべきポイントがジム8・ヌシ5・スター団5で計18箇所もあり、好きな順に好きな場所から攻略していいよ、というのが最大の特徴だ。

自由度が高く、冒険してる感が強いのがポケモンの世界観とマッチしてて良い。自分は拠点の文章を参考にして適正っぽい順番で攻略した。早い段階で高難易度の拠点に挑むのは楽しいだろうけど、捕獲が滞ったり後半に簡単すぎる拠点が出てきてしまうのが嫌だったので自分と同レベルに近いと思われる拠点からまわるようにした。

 

気になる点としてはシステム関連だ。ポケモンはいつもそう!

UIは見た目は良いけど使い勝手が悪く、動作ももっさりである。あと一度だけだけどソフトがエラー落ちしたり、処理落ちが結構激しかったりと、もうちょっと何とかして欲しいと思える出来だ。

1番残念なのはミニマップがプレイヤーの向きに合わせて回転してしまうことで、北固定の設定あってもよくない?と思う。オープンワールドでこの仕様はキツい。いや人によるんだろうけど、自分は向きじゃなく方角でどこに進んでるか把握するのでめちゃくちゃやりづらいんだよな。

わざマシン一覧の視認性も最悪で、今後育成で使うことを考えると気が重い。技のイメージ表示じゃなく、文字だけで一覧しやすくして欲しかった。図鑑も同じだ。

 

まあでも基本的には楽しい。というかこれまでやってきたポケモンの中で1番楽しく遊べている。

オープンワールドによって冒険の切れ目を無くしており、それがポケモンにおいてはプラスに影響しているように思う。おそらく今作はストーリー攻略の時点で捕まえられるポケモンの種類が過去最大であり、100種類ぐらいならサクっと集まる。この感覚だとしっかりプレイする人ならクリアまでに200種類はいくんじゃないだろうか。

次々と捕獲していないポケモンが現れるので、これが良いテンポを生み出しているんだな。剣盾から捕獲で経験値が獲得できるようになったけど、それがSVでよりゲーム性に好影響を与えるようになった印象だ。

また今作は旅パの自由度(自由感)が高いのも良い。ファイアロームクホークなどの序盤鳥と言われる枠は基本的に1種類だったのが今作は3種類ぐらい出るし、ストーリー攻略中に600族も4種類ぐらいは確認している。つい嬉しくてカイリューガブリアスを旅パに入れてしまったぜ!

これまではある程度枠が決まっていたようなところに複数の選択肢が与えられていて、プレイヤーによって色んな構成が出来上がるようになっているのがすごく良い。あとボックスにいつでもアクセスできるようになったことと、技を思い出すのをメニュー画面から出来るようになったことも結果的に遊びの幅を広げてくれている。

 

SVは「ポケモンを通して素晴らしい体験をしてもらおう」という意志がとても強いように思う。それでいてその演出が嫌な感じがせず、すごくちょうどいい。

メインテーマが「冒険を通して宝物を見つけよう」という表現になっていて、拠点をクリアするごとに撮る記念写真やスター団シナリオがすごくそれに関連していて良いんだよな。地方で1番強いトレーナーであるとか、世界の危機を救う じゃないところに軸があるのがすばらしいのだ。

あと驚くべきことに、18箇所の拠点をクリアするまでに悪のポジションキャラが一人も登場しない。これまでに出てきた人の中で黒幕とかは居るかもしれないけど、明確に悪事をはたらいたり、誰かの行動によって物語に起伏が発生する、みたいなアクションが全然発生しないのだ。それでいて退屈さが全く無いのは冒険の楽しさみたいなところにすごく力が注がれているからだと思う。これはすごいことだ。

4作品しか遊んできていないのでアレなんだけど、今作のストーリー攻略の部分は今までで1番だ。めちゃくちゃすごいゲーム!

6

子どもがガッツリ風邪にかかり、発熱・鼻水・咳の症状が出た。熱は1日で下がったけど、祝日もあったので3日間ほど妻の実家の手も借りて保育園を休ませた。

そしていつも通り伝染った!喉の痛み、タン、咳、鼻水、後鼻漏、口内炎だの症状が出た。発熱しなかったのが唯一の救いだけど、各症状がしっかり目に出たので今回はまあまあキツい。中でも後鼻漏は最悪で、オエオエしながら日々を過ごしていた。

そして3日経って良くならず、「これ完全に副鼻腔炎だな」と思ったので病院に行った。診察の結果、やっぱり副鼻腔炎であった。抗生物質や咳止め、タンを出しやすくする薬などをもらった。最近コロナ感染者が増えてきたため、頓服の鎮咳剤(シロップ)に出荷調整が入ってるらしい。自分が行った調剤薬局では在庫が無かったので、シロップではなく錠剤に切り替わった。

ふと思ったけど、喉にデカい口内炎が出来ていたのでシロップを処方してくれてたのかもしれない。お医者さんの配慮にありがたさを感じつつ、8月に手足口病で地獄を味わっているので口内炎の辛さには耐性が出来ている。たった1個のデカい口内炎ぐらいじゃ全然へっちゃらさ!

しかしここ2年ぐらいは風邪をひくたびに副鼻腔炎っぽさが必ず出る。2週間ぐらいダラダラと症状が続くので以前は「治りが遅くなったのは加齢で体質が変わったのかな」と思ったけど、副鼻腔炎を発症してから変わったっぽいな。気づくのが遅い。

お医者さんいわく、今は症状自体は軽いけど都度ちゃんと治さないと慢性になってしまうかもしれない とのことで、今後は症状が出たら必ず病院に行くようにしよう。薬を飲めば楽になるし、治りも早いからな。

 

 

 

Twitterが買収されて色々あったらしい。これからも色々あるだろう。詳しくはまったく分かりません!

インフラ的、あるいは「場」を提供するようなサービスって難しいね。大抵の人は「場」さえ提供してくれたら良い というスタンスなので、コンテンツを供給するサービスとはかなり感触が違うだろう。

自分は子どもが生まれてからTwitterは完全に見る専になった。ゲーム友達とのコミュニケーションツールとして使っていた時期も長かった(10年ぐらい)けど、そちらのアカウントは完全に休眠しており現在使ってるのは見る専のアカウントのみだ。ちょっとドライかもしれないけど、オンラインゲームや対戦ゲームで遊ぶことが減ったら自然とコミュニティから離れてしまったな。

まあこうして匿名でブログを書いてるぐらいなので、発信する場合はソーシャルなネットワークよりもチラシの裏に書いたものを空から3枚だけ撒く、ぐらいの感覚のほうが元々自分には合ってるんだろう。

匿名零細個人ブログ、18年目です。ちなみにこの話題は2回目、1回目はなんと2021年初頭に書いています。同じ話題のサイクルスピードが早まっている…

多分これからもずーっと「子どもが風邪ひいてうつった」「日光を浴びると湿疹が出る」「眠りの質が悪い」の話題をループさせると思う。

 

 

 

LoLのWolrdsを視聴した。今年はあまり時間が取れなかったので準決勝から見た。

そしてDRX素晴らしかった!最近だとValorantでの活躍もすごかったけど、LoLでは世界一である。強いチームだね。

状況打開力 みたいなものが凄まじいチームだった。不利状況をひっくり返すパワープレイを的確に起こしていて、上手すぎる集団戦によって世界一になった。

T1も素晴らしかった。準決勝での驚異的なマクロ判断、お見事でした。

Wolrdsぐらいしか見ていないので現在のメタがどういうものか把握しきれてないけど、さすがにもうゲームとして完成されているのでそこまで大きく戦術が変わったりはしてなさそうだね。去年と比べるとジャングルがちょっとタンク気味になったことと、サポートがキャスター系がメインになってる というのが違いかな。

 

 

 

SteamでVoid Scrappersを購入した。

VS、ということでこのゲームはヴァンサバ系である。SteamライブラリにはVSライクゲーが7本ぐらいある。この手のゲームは大好きなのでどんどん後追いしてほしい。

自分にとってヴァンサバ系はDiabloやPoEを遊ぶのとかなり近い。ゲーム性は全然違うんだけど、遊ぶときに使うリソースと満たされる脳内物質が似ている感覚だ。

なので本家ヴァンサバが出た今年の2月からDiablo(2Rと3)とPoEを1回も起動してない。ただ今の気分や生活リズムに合ってるというだけの話であり、VS系のほうが好きとか優れてるってわけじゃない。いずれまたDiabloハクスラはガッツリ遊ぶときが来ると思う。

そういやDiabloIVは来年3月だっけか。もう4ヶ月しかないじゃん!βの評判はそこまで悪くないので、多分自分は楽しめそうな気がするな。

3はDiablo2の後継作として、あるいはトレハンゲーとして見ると全く評価されないというのは理解している。ただカジュアルに遊べるハクスラとして好きなんだよな。IVもそっち路線でもかまわんよ。ただやっぱりドロップに興奮出来るゲームのほうが面白いのは間違いない。

 

 

 

ベヨネッタ3を購入した。

プラチナゲームズは質の高いアクションゲームでおなじみだけど、タイトルによってけっこう相性が出る。ベヨネッタ1とヴァンキッシュは最高に楽しめて、ニーアオートマタとWonderful101はイマイチだった。ということでベヨネッタシリーズは相性が良いことが多いので今回も購入。

めちゃくちゃマイペースに進めており、現在ステージ9だ。

どうも今はガッツリ数時間集中するテンションじゃないっぽいので、引き続きボチボチ進めていこうと思う。

9

近所にスーパーがオープンするらしい。家から歩いて2分ぐらいの距離でとても嬉しい。

ただし自分が住んでいるマンションの1階が24時間スーパーなんだよな。スーパー同士があまりにも近い。

日用品・食料品を買う場所が充実するのは単純にメリットだけど、この近さで2件もあるのは不毛なカニバリが起こるだけなのでは…勝手に心配になったりもする。

なんて言ってももうオープンすることは決まっているし、普通にメリットなので楽しみではある。きっと特売するから卵を買おう。

 

 

 

オリックス・バファローズ日本一おめでとう!!

接戦の多い見ごたえのある日本シリーズだった。ヤクルトはあと一歩、エラーと打線の切れ目が悔やまれただろう。しかし強いチーム同士の対決という印象で素晴らしかった。

 

 

 

佐藤天彦九段がマスク未着用で反則負けとなったニュース、勝手なんだけどこういうのが「嫌だ~~っ」てなるんだよな。

もちろんマスク着用に対して思うところはあっても良い。が、自分ルールをオフィシャルに持ち込んじゃうその精神性が理解できないんだよな。「ああ、天彦九段ってそういう…」っていう認識が生まれちゃう。

マスク着用の是非を問いたいわけじゃない。定められたルールがあって、対戦相手はルールを守っているのだ。その状況で反則負けになったことに異議を申し立てるのヤバくない?と思っちゃうわけです。

おそらく連盟にも問題がある。が、それはそれで別のことだと思う。

 

 

 

子ども向けの番組を確保するためにNETFLIXを契約してたけど、Youtubeで事足りるので全然視聴していなかった。なので解約してより子ども向けにフォーカスされているDisney+を契約した。

そして自分向けコンテンツといえばマーベルとスター・ウォーズだ。早速観てなかったスター・ウォーズep9を観た。

 

…あれ、面白いじゃん!8がかなりキツかったのでどうなるんだろうな~と思ってたけど良かった。

ちょっとwikiったらep7と9が同じ監督らしい。毎回監督を変えるはずが、色々あって降板して急遽ep7の監督を再起用って感じか。

数年前に7を観た時の感想は「ファンサービスが良い」的な感じだった。9も同じでサービス精神が旺盛であった。J・J・エイブラムスの手法なんだろう。

ただ8があまりにもとっ散らかったのと、監督交代があったのと、レイア役の人が撮影期間中に亡くなったことで色んな回収に苦戦した雰囲気は感じられた。

あ、でもよく考えたら結構マズいことになってるわ。たしかに批判されるのも分かってきた。

けどまあ単品の映画としては充分楽しめた。1~6から続く続3部作としてはかなりマズいが。

 

 

ネタバレあり続き

続きを読む

妻と子に下痢&嘔吐の症状が出ている。

食べ物による感染症か胃腸風邪かは分からないけど、熱は2人とも無い。先週末は自分が出張だったので妻の実家に滞在してもらっていたから、そこで共通で食べた何かにあたったんだろうか。

そして昨日は寝かしつけ中に子どもが盛大に吐いてしまったのでマットレスが終了した。重曹を買ってどうにかしようと思う。

 

 

 

チェンソーマンのアニメおもしれ~

漫画原作のアニメはあまり見ることが無いんだけど、チェンソーマンはあまりにも原作が面白すぎるのでアニメも見たくなった。

 

ここ数年で「サイコ~~」と思った漫画といえばチェンソーマン・ハンチョウ・亜人・バイオレンスアクション・ダンジョン飯あたりだ。

最近はジャンプ+の存在感がとても大きいけど、日本の漫画のレベルってどんどん上がってる気がするんだよな。面白い作品を読んで漫画家を志した人が実際に漫画家になり、それを読んだ人が…というループが発生しているんだろう。

そして才能ある若手を見つけて世に出すことを出版社が強く意識しているのでこれからの未来も明るいように思える。ジャンプブランドおよび林士平氏、本当にすごい。

 

あと最近は蒼天航路を読み返した。全36巻なのでかなりボリュームはあるけど、この作品は20回以上リピートしていると思う。

蒼天航路官渡の戦いが終わった後からが特に好きだ。それまでの曹操はちょっと天才っぽすぎるというか、理由無く凄すぎる みたいな印象が強いんだけど、袁紹に勝った後はとても人間っぽくなり何を考えているか分かりやすくなる。

ちなみに1番好きなキャラクターは曹仁だ。この漫画を何度もリピートする理由の1つに、涼州の乱で成宣を討ち取った時の表情を見るため というものがある。

 

 

 

仕事中の雑談で、「中学の期末テストの順位」の話になった。

どうやらテストの順位を知らされない学校がある、というかむしろその方が多数派らしい。自分は順位が個人単位で知らされる中学校だったので、当然そういうもんだと思っていた。ちなみに公立(市立)で、普通に家から最寄りの学校である。

職場に居た10人ぐらいに聞いたら3:7で、知らせる が3であった。これはまあまあ驚きで、てっきりテスト=順位 と思っていた。近隣の中学も順位は出ていたと思う。

あくまで中学の話で、普通科高校はほぼ例外なく順位が知らされるっぽいけどね。

 

自分が通っていた中学、なんならちょっと前の世代は順位張り出しとかあったと思うんだよな。姉は上位者だけあったと言ってた気がする。

さすがに張り出しは今の時代的には良くないとされるだろうし、個人的にも良くないと思うけど、個人単位でも順位を通知しないメリットってあるんかな?

いやむしろデメリットだと考えてる学校や教育委員会自治体が多いからそうなってるってことか。運動会で徒競走の順位を決めない に近いニュアンスだろうか。悪い順位だと意欲に悪影響的な。

ん~~~あったほうが良い気がする。でも、もし順位が知らされない中学を経験してたら「順位出すの!?中学で!?」とか思いそう。色んな人の意見を聞いてみたいな。

なぜあったほうが良いと思うかというと、自分は中学の頃はバリバリ順位を意識しており、勉強の意欲に変換できていた経験があるからだ。低い順位を取ると泣くほど悔しかったし、良い順位を取れたら誇らしかった。

ただ、データとして順位を出してる学校より出していない学校のほうが不登校やいじめが少ないとか、成績が優秀とかのデータがあるなら絶対そっちのほうが良いよな。そういうのあるんかな。

もしそういう統計が無いとしたら、やっぱ順位づけによる競争意識って大事じゃね?と思ってしまう。まわりと比べて抜きん出ようというマインド、良くないんかなあ。いやでも偏差値だけでもそれは作れるのか。

もちろん自分が正しいとかではないし、考え方次第みたいな領域かもしれない。いずれにしても色んな人の意見を聞いてみたい話題であった。

 

 

 

ウルトラ怪獣 モンスターファームを購入した。

ウルトラマンシリーズは全く親しんでおらず、シン・ウルトラマンも未視聴である。題材に興味が無かったため購入を見送るつもりだったけど、ちょっと配信を見たら明らかに良ゲーだったので買うことにした。

モンスターファーム2のファンだった人が開発の中心らしいということで、ウルトラ怪獣も2のゲーム性を踏襲している。基本的な流れはほぼそのまんま2と言って良く、もはやモンスターファーム2.5という感じだ。これは大正解だね。

まだ1匹目育成中で、Bランク公式を優勝したところである。金策のためにかなり大会に出したので初回でSランク制覇は難しそうな感触だ。2匹目は冒険要員にして、3体目あたりからちゃんと攻略する感じで良いかな。

2と比べて良いと思ったのは修行によるステータス上昇がとても大きいことである。2での修行は必要な技を獲得するためだけのもので、寿命が大きく縮むので「嫌いだけどある程度必要」みたいな存在だったんだよね。今回も寿命が縮むのは変わらないだろうけど、普段のトレーニングでは上げづらいステータスを補強する要素もあって精神的に良い。

気になる点はちょっとテンポが悪いことだ。ここは2を踏襲しなくて良かったんだけどな…。Switchの性能なのか、元々の設計なのか画面遷移がかったるく、あと毎週ちょいちょいカネゾーが話しかけてくるのがダルい。サクサクすぎても味気ないだろうけど、もうちょっと軽快な動作が欲しかったな。PC版なら改善されてるんだろうか。でもフルプライスだから別プラットフォームで買おうとは思わんな…

 

 

 

ダンジョンスクワッドを購入した。

同じタワーディフェンスではあるけど、経路の要素なし、ユニット配置なし、合成などのガチャ要素なしで前作のダンジョンメーカーより気軽に遊べるゲーム性になっている。凄まじい物量のダンジョンメーカーはそれはそれでめちゃくちゃ面白かったけど、サクサク遊べるスクワッドも悪くない。

…けど、ちょっと今の環境はちょっと味気ない。ローグライク要素のあるシンプルなタワーディフェンスだな、というだけだ。エロいドット絵以外に個性が無い。

ただダンジョンメーカーと同じ感覚なら今後とんでもない量のアップデートが継続的にされるはずだ。今はとてもシンプルだけど、1年後は全く違うゲームになってるかもね。

 

 

 

 

www.youtube.com

Twitterのタイムラインで見かけて再生。

吹奏楽で超有名なこの曲、聴いたことはあったけどちゃんと耳を傾けたことは無かった。

埋め込み禁止設定なのでリンクを踏んで欲しいんです

ゲームしながら流し聴きしてたんだけど、2分5秒ぐらいからのサックスソリがあまりにも最高でゲームする手を止めて踊りだしてしまった。鳥肌が立って涙が出てくる!これは久々に来た。このパートのドラムも最高。

87

急に寒くなってきて寒暖差によるダメージが出てきている。

子どもは鼻をズルズルし始めて、一時は黄色い鼻水までいったけど発熱まで至らず。だんだん症状も収まってきた。我が子の免疫やるじゃないか!

今月は結構忙しいのでかなり気をつけよう。葛根湯加川芎辛夷をめちゃめちゃ飲もう。

 

あとピルクルラクルケア、とりあえず2週間ほど続けている。

睡眠および疲れの改善の効果はまだ分からない。公式の発表だと「4週目から効果が出始めて12週継続で目に見えて」みたいな感じではある。まあそれも本当かは分からないけど、もし体感できるほど効果が出たらそれはそれでヤバいことだよな。とりあえず辛抱強く続けてみよう。ヤクルト1000は入手できなくて検証できないからな!

しかし乳酸菌○○○億個 という商品が多くあるけど、これを例えば1京個にすることは可能なんだろうか。

「1兆個配合」とかも見かけたことがあるんだけど、多ければ効果が出やすい・大きいみたいなことは無いんかな。数よりも株が重要だったりするのかもしれない。あとよく聞く文言として生きて腸まで届くかどうか とかね。いずれにしても末端の消費者は真実を知ることは難しい。まあでも気分だけでも健康に向かってればいいか。

 

 

 

アムウェイ行政処分、というニュースが話題になっている。

自分は 買う・売る・勧誘する・勧誘される いずれの立場にもなったことが無いので連鎖販売取引の類のことはよく分かんないんだよね。アムウェイのみならず、それっぽいものは印象でなんとなくキナ臭いので近寄らないようにしている、という感じだ。

ただ社内に会員がいて、同じ部署の人に勧誘している みたいな話はたまに聞く。就業規則に勧誘は禁止と明記しているので、自分の範囲内で事実が確認されたら普通に注意はするだろう。

しかしこの「なんとなく嫌い」ってのは本当は良くないよな。アムウェイも今回処分された経緯は普段やっている販売方法にメスが入ったのでは無い。つい勘違いしそうになっちゃうけどね。

ただ、これまで「なんとなく嫌い」になったものは結局邪悪だったりすることが多いのも事実だ。

匿名なので今からリアルでは言っちゃいけない完全な偏見を言うけど、そういうのやってる人ってあんまりまともじゃない傾向があるからアムウェイも「なんとなく嫌い」に寄っちゃうんだよな。変な人がやってることは変な事だろう、みたいな。いわゆる偏見。

 

 

 

Overwatch2がローンチした。

ガワがそのままなので「2っていうより1.5じゃね?」と思ってしまうんだけど、仕様自体は2を名乗って良いなと思えるほどの変更がなされたと思う。

最も大きな変更はやっぱりプレイ人数が1チーム6人から5人、2枠あったタンクが1枠になったことだろう。

もちろん個人の感想なんだけど、1のメインタンク(≒ラインハルト)は「責任重い、つまらない、けど必須」という完全な貧乏くじであった。タンク以外にプレイヤーが集中するのでマッチングがいびつで、いざマッチングしても2枠いるタンク同士がサブをやりたがる という負の感情を生む仕組みが出来上がっていたのだ。

そのあたりの問題を解消するべく仕様変更されたのが2だ。タンクは単体のユニットとして非常に強力になり、前線の維持や押し引きの壁役に加えて突破口を自分で作りやすくもなった。

で、ちょっと怪しいなと思うのはサポート枠である。1の頃はタンクがお互い2枚ずついることで戦線が形成されやすく、陣形も自然に出来上がりやすかった。つまりサポートとしては遊びやすかったんだね。

でも今回は1で言うメインタンク(壁)が存在しないのでかなり戦線が流動的というか、ワチャワチャしやすい。そしてタンクが強いのでちょっと油断すると轢き殺されてしまう。もし2が「戦線の維持をヒールによって成立させる」というゲーム性だった場合、かなり難易度が上がるのである。

それでいて火力は当然アタッカーより低いので状況を打開するパワーが無く、単体ユニットとしてタンクよりも強くない、となると…「サポートつまらん」という風潮が生まれてしまうのではないか。

使いやすいルシオとかモイラがけっこうキツい印象だ。アナ・ゼニヤッタ・キリコが上手くない人はサポやるなよ、という空気が生まれそうな気がする。

まあ役割が分かれているゲームで全ロール面白い、みたいな100点を取ることは不可能である。そもそも実際はどういうゲーム性なのかは分からんからね。ローンチ初日でパっと触って思っただけだ!

あと1も2もガンエボもそうだけど、ミニマップってあったほうがよくない?味方がどの位置にいるか把握してないとヤバいゲーム性だと思うんだけど、無いことで生まれてる面白さってあるんかな…

 

 

 

スプラ3は小休止で、モンハンサンブレイクをぼちぼち遊んでいる。

話題のゴミミゴミ装備は無駄のないシナジーが形成されていて強いね。ただし回避行動がトリガーとなるので武器種によって相性がある。ローリングをあまりしない武器はエスピナス亜種の剛心で遊んでね という感じかな。

あと敵の攻撃に対して回避とカウンター(無敵技)のバランスを考えないと案外クエスト時間短縮にならないかも。カウンター鉄蟲糸技1回で800ダメ出るところを回避で確定蓄積にしてしまうと結果的に損するはずだ。翔蟲があるならカウンター、無いなら回避 で使い分けたほうが良い。

今作はアップデートごとに遊びを更新してくれているので本当に素晴らしいね。単に火力を上げるのではなく、回避や疾替えなどのアクションに付加価値を付けることで動きに影響を与えているのが良い。

エンドコンテンツでも狩猟対象が限定されないように出来ているし、ソロで遊んでいて1番楽しい作品かもしれない。

今後も古龍は傀異克服、それ以外は傀異化が追加されていく形だろうけど、最終的にはヌシが傀異化したりするんだろうか。オルドマキナシリーズは傀異化ヌシ素材で強化していく、とかアリだね。

 

 

 

ヴァンサバ系のBrotatoというゲームを購入した。

アーリーアクセスながら、数多あるVSインスパイアの中でも群を抜いて完成度が高いと思う。ゲーム性もビジュアルも粗が少ないというか、「ゲーム作るのが上手いメーカーが作ったな」という感じられる出来だ。

クリア状況によってアンロックされるアイテム等はあるけど、最初からステータスを増強する要素が無いのでちゃんとローグライク(ト)している。あと運要素がまあまあ影響するのが良い。本家含め多くのVS系は狙い通りのビルドが組めすぎると思っていて、引きでプレイの成否やビルドの方向性が変わったほうが面白いと思うんだよな。ウェーブクリア方式なのも自分に合ってるね。

今日ようやく危険5をクリアした(オプションの難易度関係はいじらず)。ちょっと惜しいのがエンジニアビルドでクリアしてしまったことだ。正攻法(?)の武器でクリアしたい。けどとりあえずここからはアンロック要素を揃えるべく危険0で全キャラクリアを先にやろうと思う。

気になる点としては霊妙の効果が大きすぎることかな。コンセプト自体は悪くないけど、購入やレベルアップのステータス強化よりも大きいリターンがあるので霊妙を持つかどうかでかなり変わってくる。

そして気付けば購入して17日間で68時間もプレイしている!おすすめです。

 

 

 

やわらかあたま塾もぼちぼちやっている。今のところ4176点がベストだ。

「各項目の高めを引ければ4500はいけそうだな」という感覚が出てきた。最初は5000は絶対無理だろと思ってたけど、訓練でいけそうな範囲っぽいね。ただしそれは自分の頭が柔らかくなったというより、やわらかあたま塾のゲームに慣れてきただけな気もする。

785

日清食品からヤクルト1000に対抗した商品が出た。その名もピルクルラクルケアだ。

睡眠の質を改善し、疲労感を軽減するというのは現代人にとってすごく魅力的な文句である。

実際どれほどの効果があるのか分からないけど、ヤクルト1000よりも糖質が半分以下に抑えられているのが好感だ。どの角度でも素人目線になるけど、ヤクルトの睡眠効果って高い糖質も結構影響してるんじゃね?と思ってたのでそこから逃げなかったピルクルは偉い…ような気がする。後出しの真似っ子商品だけどね。

なんかこれも品薄になりそうだけど、腸活の一環として1日1本飲んでみようかな。

 

新型コロナが始まった2020年から腸活はほんのり意識している。具体的には乳酸菌飲料・ヨーグルトなどをなるべく飲むようにしたり、家ではお茶の代わりに青汁にしたり、キムチを常備したり などだ。要は乳酸菌と食物繊維を積極的に摂っている。

実感として、明らかにコロナ前よりも便通が良くなった。別に元から便秘ってわけじゃないんだけど、以前よりも良くなったと感じる。

で、ぶっちゃけ他はとくに無い。風邪はガンガンひくので免疫力に大きく寄与している様子は無い。コロナにはかかったことが無いけど、腸活でどうこうできるレベルじゃないと思うので影響は良くも悪くも無いだろう。睡眠も相変わらず不安定で短い。

まあでも気休めだとしても、体に良いことをしている気分になること自体は悪くないだろう。本当に気分だけで実際は悪影響だった、みたいな場合は良くないけど、さすがに乳酸菌と食物繊維なら無害だろう。

 

 

 

連日トレンドになるぐらいNURO光の品質の低さが話題になっている。

20年以上インターネットに依存している自分としては背筋が凍る思いである。違うプロバイダで良かった~。

回線の苦い思い出として、名古屋に住んた頃に最初に契約したOCN(VDSLマンションタイプ)がピークタイム0.3kbpsという最悪地獄回線だったのだ。ADSLでも、いやISDNでも、いやダイヤルアップでももっと早かった。IRCのチャット以外何もできないレベルだったんだよね。

そこでネット依存症の自分は2万ぐらいの違約金も躊躇せず即座に解約&新規契約をした。そこからずっとauひかりを愛用している。「電力会社関係のプロバイダは良い」という噂があったのだ。auひかりはTEPCOとKDDIの統合プロバイダである。

auひかりは体感として「pingはイマイチだけどピークタイムでも帯域がヘタレないプロバイダ」と思っている。東京に越してからも、プランを変えてもその感覚は変わらない。非常に満足しており、今後引っ越したりしてもまずはauひかりを契約すると思う。

まあ実際は何のプロバイダでも環境によるガチャ的要素は生まれるんだろう。たまたま自分は連続で平和に過ごせるプロバイダを引いてるってだけかも。NURO光の炎上は通常の帯域の取り合いとかそれ系じゃない気がするけどね。

 

 

 

スプラトゥーン3、おそらくすでに過去最高のプレイ時間だろう。このゲーム面白いわ!

が、このへんでプレイは一旦休止しようと思う。ちょっと本気で熱を上げそうになってるのでブレーキを踏む。

自分の対戦ゲーの遊び方として「日常を犠牲にして遊ぶか、距離を置くか」の二択しかないのだ。なぜならそういう性格だから…

自分にとって対戦ゲーは上手くなることが目的になるんだけど、上手くなるためにはたくさんのプレイ時間が必要になるのだ。上達速度はおそらく普通なので1日2~3時間では限界があるし、「丸一日、365日遊べる人と同じ土俵には立てない」という思いがどうしても出てきちゃうんだよな。そこにジリジリして言い訳しながら遊ぶのは精神に良くない。

これは実際に自分が365日、数年単位でゲームに時間を使えた時期があったのも大きい。メタの前線、上位0.1%の世界を味わうにはかなりの気合が必要だ。そこにしか価値が無いわけじゃないけど、カジュアルに遊ぼうと割り切ろうとしても「もーちょっと遊ぶ時間があったらこいつら全員倒せるのにな~~」みたいなダサい考えがどうしても出てしまうのだ…でも俺には家族が居るし、仕事も頑張りたいのだ…

このマインドが健全ではないことは重々承知である。「同じ練習時間と環境があれば俺も100m走で9秒台出せるし」に近いことを言ってるのだ。ダッサ~

 

ともかくマイペースに遊べるソロゲーに一旦戻ります。モンハンのアップデートも来たし、Steam版のジャッジアイズを衝動買いしたのでそれも遊びたい。

 

あとなぜかSwitchのやわらかあたま塾を衝動買いした。

全ジャンルのテストをやったり、各部門のストレッチをやったりしたところ、自分はどうやら「記憶・数字」が得意で「知覚・分析」が苦手っぽい。図形とか立体みたいな、「何かしらの形」関係がかなりヤバいんだよな。ゲーム内でも倍ぐらいの成績差が出た。数字カテゴリなら1000点超えられるけど、「つみきのかず」と「かたぬきブロック」は何度もやって400点越えがやっとだ。

苦手ジャンルに関わってそうで身に覚えがあるものを列挙すると、自分は方向音痴で、よく迷うし道が覚えられない。10回以上行ったディズニーランドまでの道、いまだにナビを入れてもパニックになるし、人の顔も全然覚えない。名刺交換した人を忘れてる、という失礼なやらかしを何度やったか分からない。「髪切った?」「いえ、切ってません」もしょっちゅうやる。歩いてて芸能人とすれ違っても気づいたことがない。妻は絶対に気づく。

逆に計算は早いほうだったし、パっと見た数字もよく覚えている自覚がある。売上などの数字把握で苦労したことは無く、グラフや図に変換しなくても数字の羅列で推移や傾向が分かる。でもトランプの神経衰弱はめっちゃ苦手。

やわらかあたま塾によって数値化された能力がちゃんと身に覚えがあっておもしれ~~となったね。知り合いにもやってほしい。

テストで5000越えが最高評価っぽいけど、訓練すれば行けるんだろうか…。4000越えはあとちょっとで出来そうだけど、今の感覚だと5000は越えられない壁を感じる。

0

どうも最近寝付きが良くない上に、寝ても4時間ぐらいで起きてしまう。

なんでこうなったんだろう?と思って原因を探っていたら以前もらった漢方(葛根湯加川芎辛夷)に心当たりがある。

手足口病が治ったあと、後鼻漏の症状が出ていたのでこの漢方を服用していたんだけど、どうやら寝る前は飲まないほうがいいっぽい。

葛根湯には覚醒効果のある成分が入ってるらしいし、体に熱がこもるので寝付きがめちゃくちゃ悪くなるのだ。

服用タイミングが食間 or 食前なのでついつい寝る前に飲んじゃってたんだよな。

後鼻漏がダルいので服用は続けるけど、これからはちゃんと食前に3回を守ろう。反省である。

 

 

 

台風は各地域の出勤判断をしないといけないのがちょっと面倒くさい。自分は基本的に安全第一で無理をさせない方針なので判断すること自体は面倒ではない。どちらかというとスタッフによって休業に対する温度差みたいなものが厄介なのである。

体調不良でも全然出勤します!って人もいれば、そうじゃない人もいる みたいなやつね。体調に関してはコロナによってオフィシャルのガイドラインが出来たので現場の責任者判断で良くなったけど、災害は人によってかなり感覚が違うので揉める原因になるのだ。

なので基本的に意見は受け付けず、自分の責任においてさっさと決定してしまうのが吉だと思う。立場や環境が違う人達に意見を求めてすり合わせようとしても疲れるだけだろう。

まあそういうので揉めたことは無いけど、放っておくと揉めそうなのでその役割を自分に集めているのである。

 

 

 

SpotifyをPC・スマホ両方で利用しているんだけど、使っていない時にふとPCの画面を見たら勝手にクラシックが再生されていた。再生元は自分のiPhoneである。

自分はクラシックを聴かないのであれ?と思ってiPhoneからSpotifyを確認したら確かにスマホからクラシックを再生している。

再生元が自分のiPhoneだからちょっと変だなと思ったけど、一応不正アクセスの可能性もあるのでアカウント設定から全デバイスをログアウトさせ、パスワードを変更した。

しかしその数時間後、また自分のiPhoneが勝手にクラシックを再生している!

なにこれ不具合?不正アクセス

普段と違う場所やデバイスからアクセスがあったらメールが来るけど、それは無かった。ただSpotifyはログイン履歴が見れないからそのへんの確認がちょっと曖昧なんだよな。

プレイリストがいじられてる形跡も無いので不具合だと思いたいけど、オススメに出てくる楽曲がクラシックだらけになってちょっと不快だ。クラシックが不快というわけじゃなく、自分が意図していないものに勝手に変更されていることへの不快感だ。

一応もう1回ログアウトとパスワードを変更をしておいたので、また発生したら問い合わせしてみるかな…

 

 

 

スプラトゥーン3、ぼちぼち遊んでおります。本当にぼちぼちで、9月21日時点でランク15である。

バンカラマッチはとりあえずヒッセンで遊んでいる。ある程度まではキルで敵陣をかきまわすやり方が通用するはずだ。

 

ヒッセンは最もエイムを必要としないブキの1つながらキル性能が高いことが特長だと思う。ただしキルスピードが遅く、正面からせーので撃ち合うと大抵のシューターやマニューバーにダメージレースで負ける というのが良い設計だと思っていて、スロッシャーの特性を活かして高低差で攻撃したり、イカニンジャを付けてハイドしたり、側面や背後から先手を取ったり、という工夫が面白いのだ。

だからサブで塗りが出来ない今の構成はやっぱりちょっとミスマッチである。ジェットパックは本来ヒッセンが出来ない遠距離攻撃・牽制が出来るようになる という意味では有用だけど、1と2は強力なメインをより活かすようなサブスペ構成だったのに対して3は真逆の方向性なのでやっぱり違和感は拭えないかもね。

 

あと買えるランクになったので最強と名高いスクリュースロッシャーを買って使った。

確かにこりゃ強い!ぶっ壊れかどうかは分からないけど、メインが恐ろしく使いやすく、サブスペも全く腐らないのでそりゃ使うよねという印象だ。

ワイパーやシェルターのような癖の強い武器は初心者には扱えないけど、スクスロはヒト状態でピョンピョンレレレしてれば期待値100のうち60は満たせる、みたいな性能をしているのも大きいかも。

同ブキ種かつほぼ同じ射程のバケットスロッシャーと比較すると明らかにメインの性能が違う。横範囲がちょっと広すぎるのかもね。エイムがズレていても渦がカスって38ダメってのが諸悪の根源なんだろうな。

ちなみにLACTのマルミサ戦法は「撃ち合いや前線の押し引き」などのシューター本来の面白さが伴わない形なので修正希望です!ナワバリしか出来ないフェス期間はけっこうキツいぞ!一応えいえん称号までやったけど!

 

バンカラマッチに関して、今回はS+までの道のりがプレイヤーのゲーム習熟に沿った設計になっているのが素晴らしいと思う。

しっかり数をこなしてゲームに慣れていくとS+までは到達できるという仕様で、「それなりにやる気のある人はここまでやってね」というチュートリアル的な感じになっている。

数をこなしてもなかなかウデマエが上がらないと挫折するプレイヤーが多いだろうけど、今回はそうならないように配慮されてるってことだね。

まだウデマエXやシーズン制が未実装なのでレベルの高い試合を楽しみたい上級プレイヤーにとっては物足りないかもしれないけど、大多数の楽しみながら上手くなりたい層にしっかり届いている印象がある。対人ゲーは一にも二にもとにかくプレイヤー数によって支えられる。この施策は個人的に歓迎だね。

 

あと今作はなぜだか分からないけどプレイ中のイラつきが少ない。もちろんカーッとなる時は多々あるんだけどキレるまでいかないし、「味方がクソだ」みたいなマインドも生まれてこない。今のところね。

で、スプラ初心者の配信を見てると結構みんなキレ散らかしている。

ということはこのゲーム、「知らないほうがイラつく」タイプなのかもしれない。

何が起こってるか分からないまま倒されたり、不利な状況で戦って倒されて「理不尽だ」と勘違いしてしまうパターンが多いってことだろう。もちろん本当に理不尽な状況もあるけど。

1と2で総プレイ時間30時間ほどながら、一応基礎知識があることでその思考に陥ることを回避できているのかもしれないな。

ということで出だしはこれまでで1番楽しめている。

 

そして別の問題が浮上してきていて、Proコンの左スティックの効きが悪くなっている。上方向に入れる時、ちゃんと入力されていない時があるのだ。突然ゆっくり歩き始めたりするので結構まずい。

Switch本体設定のコントローラー補正で見てみると、上方向に入れるとたまにガクガクガクッとなって最大入力にならない時があった。

で、この不具合が出てから気づいたけどスティックを上方向にゆっくり倒した時に若干の抵抗を感じる。他の方向に倒す時はスムーズに最後まで倒れる。ってことは多分ゴミか何かが詰まっているんだろう。あんまり使ってないんだけどなあ。

任天堂製品、コントローラーだけはマジで印象が悪い。高いのに壊れやすいってどうなんですかねえ!

もし電子的な不具合だったらお手上げだけど、開けて掃除をすればどうにかなりそうな気がする。問題は固いと評判のネジだ。一度バカになったらそれまでなので、ちょうどいいドライバーとペンチを100均で買ってから臨もう。

コントローラーは模造品含めて品薄なので、この1個を大事にしていかねば…

 

 

モンハンサンブレイク、アップデートが9月29日ということでこちらも進めておきたい。傀異研究レベルは85ぐらいで、さすがに100には到達しておかないと…という感じだね。

まあソロ専なのでバージョンごとに最前線を張る必要は無いんだけどね。けどサンブレイクはこれまで遊んできた拡張版の中でも随一の面白さだと思っているので単純に「もっと遊ばなきゃ」と思っている所存。

 

 

 

 

www.youtube.com

サブスク解禁ありがとうございます!最高!

 

 

www.youtube.com

藤井隆とMoe Shop!最高!

 

 

www.youtube.com

最高!アルバム楽しみにしてます!