今日は休みだったけど、Diablo3と動画視聴と音楽で1日を終えた。

ただこれは例外ではなく、ここ10年間自分の余暇時間の9割以上はゲームと昼寝と動画視聴と音楽で構成されている。

 

そういえば最近新日本プロレスワールドを退会した。

amazonプライムの有田と週刊プロレスとを見てから「プロレスをコンテンツとして楽しむ経験を積んだ自分」を養成したくて8月~1月の期間で課金していた。

 

新日本プロレスだけだけど、主要な選手の名前は大体覚えたしプロレスの楽しみ方も大体分かった気がする。

これは自分だけかもしれないんだけど、プロレスは単発で試合を見てもあまり面白くない。最小単位で1興行、できれば丸1年追い続けて初めてコンテンツとして体験したと言えるのかもしれないと思った。これは新日本プロレスだけの話なので他団体のことは分からない。

 

退会理由は新日本プロレスワールドのUXが非常に悪いことと、興行中の試合をちゃんと追うには相当な時間を費やさなければいけないので1回見ない期間が発生すると復帰にすごくエネルギーを要するからだ。

期間が空いて久しぶりに見たときに「あれ?なんでこの選手がこの選手と敵対してるの?」みたいなことがあると、分かってない状態で見ている状況が性格上耐えられないのだ。

じゃあアーカイブで自分のペースで見ていけば良いじゃん、というのは完全に正しいんだけど、ヤフーなどを見ているとわりと新日の記事にぶつかるんだよね。まだ追いついていない興行の内容が見出しで書かれるとネタバレ回避が出来ない。

例えばまだ2018年のG-1 CLIMAXを見ている段階なのに「オカダ、棚橋とタッグを組むもジェイに返り討ち…」みたいなのに遭遇したらもう最悪だ。だからなるべく最新のコンテンツを見た状態で日常を送りたい。でもそれが出来ないので全てを諦めて一旦退会するのだ。

 

ただプロレスはすごく面白いものだと分かったので、また加入することには前向きだ。

復帰するならG-1からかな。新日に関しては夏から年明けの東京ドームにかけてを把握したら大体良い気がする。

 

 

 

 

 

 

soundcloud.com

Snail's Houseはいつも安定して良いね。

 

 

soundcloud.com

延々と聴いていられるループだね。

 

 

soundcloud.com

めまぐるしく主張の強い音が一斉に鳴っていながら、不思議とゴチャっとしていない。

そんなところが良いね。