ディアステージの取締役で虹コンの元プロデューサーが、元メンバーへのパワハラだの盗撮だのって記事を見たけど事実ならば結構酷い。

 

この件は既に話題になってるけど、そもそもあの告発記事自体に色んな思惑が絡んでいるようで、「誰かが得して誰かが損する」っていうことが発生してるみたいだ。

書いた人が山本一郎だからね。

 

あと告発記事に対して、異様と思えるスピードでドワンゴ川上量生がブログ記事で反応していて、自分は「この件はそこそこの人数を巻き込んで利害が発生するモノなんだろうな」という印象を受けた。

 

 

本来、問題の本質は大人の足の引っ張り合いでは無いはずなんだけど…

まあこの件はこれから本格的に話題になるだろうから、経緯を生暖かく見守りたい。

 

しかし自分はアイドル自体は好きだけど、それは「結構面白い楽曲があるから」「可愛い女の子を見るのは悪い気しない」という感覚以外無いのである意味良かった。

ファン的な心情があったら今回の件とかすごく心がザワつくだろうからね。

 

 

 

 

www.youtube.com

さて気を取り直して曲だ。カクバリズム15周年記念のライブらしい。

 

ユアソンは1stアルバムを出した10数年前の当時、チェックはしたんだけどあんまり自分と合わなかったんだよね。その後何枚か出たアルバムも良いと思わなかったので何年もノーチェック状態だった。

 

だけど、↑の曲超かっけえじゃん…サイコーとしか言いようが無い。全部の楽器がそれぞれウルトラサイコーな音を鳴らしててバリヤバだ。

 

 

で、大急ぎでこれまで聴いてなかったアルバム・楽曲を聴いてみたらめちゃくちゃ良かった。

 

どうやら2013年に出した「OUT」というアルバムあたりから、大きく音楽性が変化しているみたいだ。

www.youtube.com

この動画はアルバムトレーラーだけど、パっと聴いただけでも明らかに00年代の頃のユアソンと違うことが分かるね。

野暮ったさが減り、一音一音が洗練されているように感じる。適当な言葉でいえばオシャレになった。すごく良い意味でね。

 

 

で、2017年に出た「Extend」はまさに名前の通り「OUT」で出来たアプローチの延長線上という感じのアルバムになっている。これもまたすごく良いアルバムだ。

 

キャリアの長いバンドだけど、こんなにかっこよく変わるんだとめちゃくちゃ衝撃を受けた。

そしてその変化を5年間見逃していた自分に喝だ!

広告を非表示にする