水曜どうでしょう

2017年は水曜どうでしょうの新作が発表されるらしい。

 

ということで、そういえば見てなかったなーと思い出して前作の初めてのアフリカを見ている。

 

このアフリカは自分の周りではすごく評価が低くて、「あんまり面白くない」と言われている。

確かに見ていて何度もリピートしたくなる感じは無いな、と思った。

 

食・宿・目標 を軸にした「移動」で何かしら面白いことが巻き起こることが多かったので、その3つが保障されている旅は見どころを作りにくいのかもしれないね。

また番組に代表されるカブでの横断的な、危険を伴う体を張った無茶は年齢や立場的に難しいと思うので、何か別の方法で負荷をかける必要はあるなと思う。

 

アラスカの「シェフ大泉」「オーロラの定期観測」的な「安全だけど、辛い」という状況を作り出せれば良いのかな。

 

遠方企画で定番となる、「面白いコーディネーター」は偶然によるものなので、ここはどうしようも無いかなと思う。

 

 

初めてのアフリカは確かにあんまり面白くないけど、どうでしょうがオワコンになった、という印象は受けなかったね。

アフリカで悪かったのは企画が適当すぎたことと、かけるべき負荷が少なかったことだと思う。

 

間違いなく作り手も「4人揃えば何やってもどうでしょうになる」ということは分かっているので、特に次回作も心配することは無いんだろうな、と感じている。

広告を非表示にする