DOPING PANDA

DOPING PANDAが解散してけっこう経つけど、「Crazy」はホントにすごい曲だな!と00年代の音楽フォルダを漁っていて改めて思った。

 

今じゃありふれてしまった、というか定番となった「ダンスミュージックを乗せたロック」というのは当時としては結構新しかったね。

 

DOPING PANDAが解散したことに関して現実的なことを言うと「とっつきやすくて良い曲」と「そうじゃない曲」の落差が大きいことが多く、乗りきれなかった感があるかなあという感じである。

どっかのインタビューでも見たけどそのあたりはフルカワユタカ本人も分かってたみたいだ。

 

で、「今回の曲も全然よくねえなあ」「インディー時代のTransient happinessみたいなすげえ曲また出さねえかなあ」みたいな停滞ムードの中、出たのがCrazyだった記憶がある。

 

そのCrazyのしょっぱなの歌詞が「I'm sorry me. ミラクルを起こせなくてさ でもファイヤーは赤く焦がれ続けてる」という内容なんだけど、これが本当にすごい。初めて聴いた時はブルブルっと震えがくるぐらい衝撃を受けた記憶がある。

 

自分は音楽を聴く時に歌詞というのはほとんど重視しないんだけど、そんな自分でも意識せざるを得ないぐらいの凄まじい歌詞だった。

 

何よりすごいのがCrazyという楽曲自体、イントロから最後までの出来が素晴らしく良いということだね!

 

 

www.youtube.com

広告を非表示にする