ゼノブレイドクロス

ゼノブレイドクロスが発売したので購入。

 

DL版なのに約8200円という価格であったり、WiiU本体がたった32GBしか容量が無いので外付けHDDが必須だったりというかなり大きいマイナスポイントを考慮しても、とりあえず買おうと思える、久しぶりに期待値の大きいタイトルである。

 

 

今回は前作をかなりやり尽くしたと言って良い自分でも面食らうぐらい、大量の要素を目の前に用意される。そして洋ゲーオープンワールドRPGよろしく、チュートリアルが終わったらだだっ広いフィールドに放り出される。

 

大量の要素はかなり難解かつ説明不足で、ここはおそらく反発が大きいことと思う。3日遊んでようやく全容を把握し始めたという感じで、最初は本気でわけが分からなかった。

感覚的にはPS2で出た「絢爛舞踏祭」に似ている。人を選ぶけど、理解すればどっぷりハマるかもしれない、という感じかな。

 

かなりカジュアルだったゼノブレイドに比べると思い切ったシステムだと思う。

 

とりあえず3日経って、かなり面白くなってきた感はある。

今回前作と比べて最大の改善点はクエストの面倒くささが減ったところだ。

 

前回は夕方の何時ごろに特定の場所に現れるNPCに話しかけるとか、そのNPCにいちいち報告しにいくとか、あまり意味のない条件が目白押しだった。

 

今回は天候や時間の指定はあるものの、報告は基本的にクエストをクリアした時点でその場で行われるのでかなりマシになった。またナビが親切になったのでかなりクエストを消化する意欲が湧きやすい仕様になったと思う。

 
広告を非表示にする