読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無双とDQH

ドラゴンクエストヒーローズが発売した。

と言っても自分はまだPS4を持っていないので指をくわえて動画等を見ているだけである。

 

PS4はローンチ時を逃してしまったので、買うなら新型ないしは新バージョンと心に決めてしまった。

ただ何気にソフトはそこそこ充実してきているので、ブラッドボーンやP5・FF15あたりが引き金になって結局初期型を買ってそうな未来が予想出来なくもない。

 

無双シリーズは何かとゲーマーという立場を取る人からは矢面に立たされることが多いタイトルなんだけど、個人的には大好きなシリーズである。

ハクスラが好きなので「楽しい作業」ゲーは大好物なのである。

 

無双で1番好きなのはOROCHIシリーズだ。とにかくキャラが多いし3人1組で遊べて、ボリュームもすごいので飽きづらいのである。数十時間程度ではやり込み尽くせないので、半年に1回ぐらいの頻度で起動してしばらくハマる、というような息の長い遊び方が出来る。

正直OROCHIの3人1組システムを味わってしまうと、本家のソロがかったるく感じてしまう。本家のシリーズにも逆輸入してくれないかと思っている。

 

ここ10年ぐらいのコーエーのゲームは「痒い所に手が届いてないけど、遊べる」というモノが多い。

どのゲームもあと2手ぐらいガッチリ固めればもっと評価されるし、固定ファンが付くのに・・・というような出来のものが大半である。

しかもほぼ必ず完全版が出る上に、基本的にソフト価格が高いのがアンチを生んでいる原因だろう。

 

あえて手を抜いて作っているとしたら、相当な策士だとは思うけどさすがにここまで徹底して微妙に作りこまないゲームを量産してるということは、天然なんだろう。完全版商法に関しては100%確信犯だけど。

 

で、DQHなんだけどぱっと見はかなり気合を入れて作ってるように見える。

かなりドラクエ寄りな作りっぽいので、敵を倒す作業の工程が複雑化してたら微妙かもしれないという不安もあるけど、これまでと違い「無双」という文字をタイトルに入れてないし、そういう意味では別物として扱っても良いのかもしれない。

 
広告を非表示にする