LCS Week4

そろそろLCS Springの日程も半分、正確にはWeek5のDay1で全てのチームが一度は顔を合わせたことになる。

 

Week4は何と言ってもTSM VS CLGだろう。なんともしびれる試合だった。

悪い見方をするとCLGが決めきれず誰かが要所で1回ずつやらかすというような試合で、ほとんど勝ちが決まっていた状態を2~3度落とした、ということになった。

 

ただ展開としてはとてもドラマチックで興奮するものだった。現状NAの2強の試合に相応しかったと思う。もう1度やればどちらが勝つか全く予想ができないほど、実力は拮抗していると思う。

面白いのはCLGとTSMの強みが全く違うということだ。

CLGはやはり個人技でレーン戦を有利に進め、積極的な仕掛けでハイリスク・ハイリターンをものにする。

TSMはNA最強midのBjergsenを軸にして、不利な状況を作らない・有利なら絶対に不利に覆らないようにする・不利なら相手のミスを誘いつつ最適なプレイをする、というものである。

 

Week4の試合ではTSMが圧倒的不利な状況の中、サイドレーンを絶対に押されないように管理したことが勝因だったと思う。CLGはmidのinhibitorを割る所までは良かったものの、オブジェクトにちょっと時間と人員を割きすぎたことでサイドプッシュのタイミングを逃した上に、集団戦での致命的なミスが続いてしまった。

 

Week4はPatch5.2なので、AhriとLissandraがとにかく猛威をふるった。

正確じゃないけど、多分5.2だけで言えばAhriの勝率は100%だったはず。

Lissandraは12回中11回勝利ということでとてつもない勝率を誇る。

奇しくもTSM VS CLGが唯一の黒星というのが面白い。

 
広告を非表示にする